ステロイドは産後も良くない!?知っておきたい副作用について

妊娠中には、薬の服用や塗布に関して、とても敏感になると思います。
もし自分の勝手な判断で、薬を服用したり塗布したりしてしまったことによって
お腹の中にいる赤ちゃんに何かしらの悪影響があっては大変ですよね。

 

特に、妊娠中には肌の状態がとてもデリケートとなりますし、痒みがでやすくなります
痒くて我慢できずにかきむしってしまい、傷だらけになったという方もおられますよね。

 

そのような肌のトラブルがあった場合には、皮膚科を受診されると思うのですが
その際、ステロイドを処方されることがあるかもしれません。

 

妊娠中にはステロイドの使用について様々なことが言われていますが、
妊娠中ではなく、産後の場合はどうなのでしょうか。

 

ここでは、ステロイドの使用は産後も良くないのかという事について、
また、副作用などについて見ていきたいと思います。

 

 

■ステロイドは危険な薬ではありません

 

ステロイドはダメ!ステロイドは危ない!というように
世間ではステロイドを批判するような声が多く聞かれる事から
あまり良いイメージを持っておられない方が多いかと思います。

 

確かに、とあるステロイド剤の添付文書に、「妊婦に対する安全性は確認されていません」
というような記載がなされています。

 

 

ですが、実際に妊娠中にステロイド剤を使用したことによって、
お腹の中の赤ちゃんに何らかの問題が生じたり、奇形児が生まれたという報告はない
のです。

 

妊娠中の場合、母親の身体が不健康な状態のままであると、
そのことが理由となり、お腹の中の赤ちゃんの成長にまで影響してしまいます。

 

極めてリスクが低いと考えられることであれば、

赤ちゃんのためにも母体のためにも
あえてステロイドを使用するという選択をする医師も居ます。

 

医師は、あらゆる副作用などを承知の上で、
それでも使用した方が良いと判断したからこそ、ステロイド剤を処方するのです。
周りから言われる「ステロイドはダメ!」という言葉よりも
医師の判断を信じて、医師に言われたことを守り、使用していくことが大切になります。

 

ステロイドは、正しく使用すれば危険な薬ではありません。

ですが、もし医師を信用できないという場合、徹底的に納得するまで質問されることをおすすめします。

 

 

■産後にステロイドは良くないの?!

 

産後、アトピー性皮膚炎などが悪化した場合に、皮膚科を受診されることがあるかと思います。
その際に、産後だと説明した上で、ステロイド軟膏を処方されたとすれば
それはランクの低いステロイド軟膏となっているはずです。

 

赤ちゃんに塗るわけではないにせよ、軟膏を塗った部分が赤ちゃんに触れてしまうことは出来れば避けたいところですが、
軟膏や点眼などのステロイド外用薬の場合、母体の血液中にほぼ移行しないとされています

 

そのため、副作用などが出るということは考えにくいと言えます。

 

 

とはいえ、やはり気持ちの問題もありますし、塗った部分が赤ちゃんに触れないよう、
もしくは、手袋をしたり長袖を着たりすることで、その部分が接触しないように心掛けるといいと思います。

 

処方されたステロイドが、弱いものか強いものかという事をしっかり皮膚科の医師に確認をし、
使用方法や赤ちゃんへの影響など、気になる点は全て質問するようにしてくださいね。