妊娠線は消えない?出来る原因と理由について

妊娠線が出来てしまうと、赤ちゃんがお腹に居た証として誇れる事なのですが
出来る事なら妊娠線が出来ないままで、出産後も生活したいと思うのではないでしょうか。

 

妊娠線の程度というのは人それぞれで、全く出来ない方もおられますし
反対にスイカのような模様になるくらいに妊娠線が出来てしまう方もおられます。

 

この妊娠線、どのような原因で出来てしまうものなのか、気になる方も多いと思います。
そこで、妊娠線が出来てしまう原因と理由について、ご説明していきます。

 

 

 

 

■妊娠線が出来る原因って何?

 

妊娠線は、妊娠中期や後期などに出来ることが多いとされているもので、
お腹などに赤紫色の線が1本〜数本入ってしまうというものです。

 

+妊娠線が出来てしまう二つの原因+

 

この妊娠線が出来てしまう原因としては、以下のようなものが挙げられます。

・急激な体重の増加
・赤ちゃんの成長による急激なお腹の膨らみ

 

このような事が原因となり、とある理由から妊娠線が出来てしまうのです。

 

 

まず、急激な体重の増加というのは、
主につわりが終わった頃の時期に、急に食欲が増してくるというものです。
このことから、つい食べ過ぎてしまい、体重がどんどん増えていきます。

 

そして、妊娠後期には、赤ちゃんの成長による急激なお腹の膨らみが目立つようになります。
成長を止めることは当然できませんので、お腹はどんどん大きくなっていきますよね。

 

では、このようなことが、どのような理由で妊娠線へと繋がるのでしょうか。

 

 

■妊娠線が出来る理由って何?

 

妊娠線が出来る理由としては、上記のようなことが原因となり、
皮膚がひっぱられることによって、皮膚表皮の下にある真皮や皮下組織が伸びきらずに
亀裂が入ってしまい、妊娠線が出来てしまいます

 

 

皮膚というのは、表皮・真皮・皮下組織という三層から出来ており、
皮膚をひっぱると伸びるのは表皮で、その下の真皮や皮下組織は伸縮性がないために
伸びづらいという特徴があるのです。

 

それが、ゆっくり伸びるわけではなく、早いスピードで強制的に伸ばされる事になるため
どうしても内部が裂けてしまうのです
ね。

 

このようなことが理由となり、妊娠線が出来るとされています。

 

 

■この妊娠線は消えないの?!

 

出来てしまった妊娠線は、出産後には消えるだろうと考えている方もおられるかもしれません。
ですが、一度出来てしまった妊娠線というのは、ずっと消えることはありません

 

ただ、この妊娠線は、出来てしまった頃は赤紫色なのですが
出産後には白っぽい色へと変化し、あまり目立たなくなっていきます。

 

 

それでももっと薄くしたい、もっと早く薄くなって欲しいという場合、
妊娠線用のクリームやオイルなどを使用し、
優しくマッサージを続けることで多少薄くしていく事は可能です。

 

また、妊娠線が出来ないように、妊娠初期の頃からケアを行っていると、
妊娠線が出来ずに出産を終えられる可能性が高まります。
ただ、ケアを行っても、妊娠線が出来やすい体質である場合には、
効果が感じられないということもありますので、その点で気落ちしないようにしてくださいね。

 

妊娠線を予防するために重要となることは、保湿です。
保湿をしっかり行い、皮膚を柔らかく弾力のある状態にしておくことで
妊娠線を予防できる可能性が高くなりますよ。